知っておくべき!50代・60代女性の薄毛の原因と対策!

シニアの夫婦

男性も女性も50代を過ぎると健康に気を使う人が増えてくることから、最近では実年齢よりも若く見える人が増えています。

健康に気を使うことができれば髪にもいい影響が出るはずですが、この世代で髪の悩みを持つ人の中には「トシだから対策してもしょうがない」と放置してしまう人もいるようです。

50歳を超えると髪全体が細くなった、薄毛、抜け毛、白髪など、ほとんどの女性が髪に何らかの悩みを持つと言われています。

これらは全て「生活習慣の乱れ」と「加齢」が原因で年齢についてはやむをえないことです。

しかし何歳になっても対策次第では薄毛の症状を遅らせることが十分に可能です。

ここで原因や対策について詳しく見ていきましょう。

・50代・60代の女性の薄毛の原因

頭を気にする女性

女性は50代になるとほとんどの人が更年期によるなんらかの症状を覚えるようになります。

髪については「全体的に髪のコシがなくなった」「分け目の薄毛が目立つ」「白髪が目立ってきた」という悩みを持つ人が急激に増えます。

白髪に関しては染めれば隠す事は出来ますが、薄毛に関しては症状が進行している人ほど隠すのが難しくなります。

では髪の悩みが増えてしまう原因は一体何なのでしょうか?大きく2つに分けて詳しく見ていきましょう。

①女性ホルモンの急激な減少

50~60代の女性の薄毛の原因は何といっても「加齢」が大きく関係しています。

日本人女性の平均的な閉経年齢は「51.5歳」というデータがあり、この年齢を挟んだ前後10年間のいわゆる更年期の時期にはイライラやのぼせ、ほてりなどの症状に合わせての薄毛といった「更年期症状」を覚える女性が多いです。

女性ホルモンのエストロゲンは30代の後半から分泌量が減り、閉経の時期になるとかなり分泌量が減り、閉経を迎えるとほぼ分泌されなくなります。

エストロゲンには髪を太くする作用があるため、分泌されなくなれば髪にも大きな影響が出てくるのです。

ちなみに日本人には平均10万本の髪が生えており、髪1本ずつは成長期→退行期→休止期の3つのサイクルを最大6年かけて「成長して抜ける」を繰り返します。

「エストロゲン」が加齢により減少すると髪1本ずつの成長期が短くなり、退行期が長くなってしまいます。

すると成長しきれず細いままの毛が増え、『髪のボリュームが減った』『地肌が見える』などの悩みが出てくるのです。

ホルモンバランスの乱れが原因の場合は、普段の食事で女性ホルモンと同じ働きをする栄養素を含む食品を積極的に食べるようにしたいです。(対策の項にて詳しく記述しています)

②ストレス

この世代の女性は子育てはひと段落する人も多く、『ストレスなんて溜まらないんじゃないの?』と思うかもしれません。

ですが、これまで忙しく働いてきた旦那さんが定年を迎えて一日中家にいることをストレスに感じる人もいたり、この世代になると親の介護問題が出るなど、意外とストレスを受ける機会が増える時期でもあるのです。

ストレスは全身の血管が収縮するため血流が悪くなったり、自律神経の働きが乱れることで頭皮に皮脂が分泌されやすくなります。

言うまでもなくこれらは頭皮環境を悪くする原因で、抜け毛を進行させる原因ともなるのです。

さらに頭皮にも老化現象が起こって柔軟性がなくなるため、このような頭皮の毛穴から出てくる髪はうねりを持ったり、細くなったり、若い頃には感じなかった髪の質感を感じるようになります。

しかしながらこの世代でも髪に関する悩みが全くない人もいるようです。

このような人は規則正しい生活を送っている人や毎日ヘアケアを入念に行っている人で、現在悩みのある人も対策をすれば改善できる可能性は十分にあると言えます。

・薄毛のためにやるべき4つの対策

説明する看護師

上でも説明したように50代以上の女性の薄毛の原因は女性ホルモンの分泌量の減少が大きく関係しています。

そして、頭皮の血流の悪化も無視できない大きな原因の1つです。

この2つを改善するために何をしていけばよいのでしょうか?

4つに分けて順に見ていきましょう。

①食事

まずは髪をつくる元である、タンパク質を積極的に摂取するように心がけましょう。

ちなみにタンパク質は肉や魚に多く含まれていますが、特に大豆製品に多く含まれている「良質タンパク質」を摂取すると体の中で早く合成されます。(肉類から摂取しても体内で合成されるのに時間がかかります。)

大豆には「イソフラボン」が多く含まれており、女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きがあります。

毎日取り入れることで、不足しているエストロゲンの働きを助けてくれます。

女性用の育毛剤サプリメントにエストロゲンが含まれているものも多いですが納豆や味噌、醤油など大豆製品なら毎日食べる機会があると思いますので是非とり入れていきたいです。

さらに育毛のためには重要なビタミンやミネラルもおすすめです。

緑黄色野菜や果物、海藻類、魚介類を積極的に摂取するようにしていきましょう。

②ブラッシング

毎日のブラッシングや髪を乾燥させる時に使うクシは木製か、動物の毛など柔らかい素材でできた目の粗いものを使い、優しくブラッシングをすると頭皮の血行を促進する効果も期待できます。

プラスチック製の目の細かいブラシは静電気を起こして髪を傷める原因となるため使わない方がよいでしょう。

また血行を良くしたいからといって、ブラッシングをやり過ぎてしまうと頭皮を傷つけてしまう恐れがあり、逆効果になりかねませんので1日2~3回程度にしましょう。

③頭皮マッサージ

加齢により硬くなった頭皮を毎日マッサージして柔らかくしてあげることで頭皮の血行がよくなり、髪の毛が成長するのに必要な栄養や酸素を十分に行き渡らせることができます。

さらには頭皮の新陳代謝をよくすることができ、汚れや古い角質等を落とすことができること、また頭皮の毛穴にある髪の毛を作る組織の働きを活性化することもできるため、健康で太い髪を作る効果につながるのです。

そのためには毎日シャンプーをする時に指の腹を使ってゆっくりと優しく頭皮を揉み込むことで汚れを落とせるだけでなく、頭皮の血行を促進することができます。側頭部から頭頂部に向かって1回3分程度行いましょう。

また、シャンプー後に育毛剤を使用することで更に良い効果が期待できます。

最近では女性の薄毛に特化した、低刺激の女性専用の育毛剤も多く販売されていますので、使ってみるのもいいかもしれません。

>>50・60代の女性向け!育毛剤口コミ人気ランキングを見てみる

④病院も視野に

若い頃から髪に関して何らかの悩みがあったけど対策をしてこなかったと言う人は薄毛もかなり進行している人もいるはずです。

女性の薄毛は男性の薄毛と違って放置しておいてツルツルになる事はなく、最終的には頭皮が透けて見えるまでになります。

ここまでくると生活習慣の改善と育毛剤を使った対策だけでは改善しにくいため、できれば薄毛治療を専門に行う病院に相談をすることが好ましいです。

薄毛の専門病院では頭皮の毛穴に直接育毛成分を注射器や超音波で直接注入する最新の「毛髪再生医療」が行われています。

内服薬を使った治療よりは費用がかかりますが早く症状を改善できる可能性が高いので検討してみてもよいかもしれません。

対策をしても薄毛が改善しない場合には、原因が別の病気(糖尿病や甲状腺に関係する病気など)の可能性もありますので、心配な人は早めに病院へ行くようにしましょう。


<人気の関連記事>

【年代別&産後用】女性専用育毛剤の人気ランキング!気になる第1位は…?

見直そう!発毛のための5つの習慣とは?

意外と知らない!?白髪の5大原因と改善策とは?

コメントを残す

サブコンテンツ

【2017年最新版】女性用育毛剤ランキングをチェック≫