花粉でハゲる!?花粉症によって抜け毛が増える原因とは?

花粉の出る木と花粉症の女性

地球温暖化や食生活の変化などが原因で以前と比べると花粉症に悩まされる人が増えてきていますが、関係ないように見えて花粉症と抜け毛は意外な関係があります。

花粉症により発生する様々な症状のうち「皮膚のかゆみ」「むくみ」により頭皮に異常が起き、抜け毛が進行する可能性があるのです。

ですが、アレルギー症状だけで薄毛にまでなる心配はほとんどありません。

ただ、薄毛になる『きっかけ』になってしまう可能性はありますので、ここでしっかりと食い止めておきたいですね。

適切な対策を取ることで抜け毛の進行をストップさせることができるでしょう。

・花粉症が抜け毛の原因となる理由

マスクをした女性

そもそも花粉症は体がアレルギー反応(“花粉”という異物から体を守るための反応)を起こしていることが原因で、くしゃみや鼻水、目のかゆみといった症状が出る他、人によっては頭痛や蕁麻疹、皮膚のかゆみ、むくみなどを覚えることもあります。

花粉症で頭が痒くなってしまう人は意外と多く、一度かゆみを覚えて掻いてしまうとしつこい痒みが襲ってきます。

爪で頭皮が傷ついて炎症を起こしたり、フケが多く発生し常在菌がフケをエサにして増殖することで、抜け毛が進行する可能性があるのです。

また皮膚のむくみは血行不良を起こしやすく、体の末端部分である頭皮への血液の循環は滞りやすくなってしまいます。

その結果頭皮へ“髪に必要な栄養”が十分に配分されず、細い髪の毛が生えてしまったり白髪が生えてしまったり、最悪抜け毛の原因になりかねないのです。

花粉症の症状で頭皮のかゆみを覚えた場合、頭皮のかゆみを抑える対策をするよりも花粉症の対策をすることで抜け毛を防止することができます。

・花粉症を抑えるための対策

女性医師

花粉症の辛い症状を抑えるためには、もちろん市販されている薬や病院で治療を受けて適切な薬を処方してもらった方が早く症状を抑えることができます。

まずは春になると天気予報で花粉の飛散量を確認することができますので、雨の次の日など飛散量が多い日の外出は避けたり、外出する場合には眼鏡や帽子でできるだけ花粉をブロックしていきたいです。

また当然ながら外出すれば服や体に花粉が付着します。

外出して帰宅したら服についた花粉を落とすこと、そして帰宅後できるだけ早くお風呂に入って体を清潔にしておくことが重要です。

そして1日1回のシャンプーで髪についた花粉や汚れを落とすことが重要ですが、もちろんかゆいからと言って爪を立ててゴシゴシと洗うと頭皮を傷つける原因となるため、指の腹を使って優しく頭皮を揉み込むように洗いましょう。

更にシャンプー後にしっかりとすすぐことができずにシャンプー液が頭皮の毛穴に残ってしまうと炎症を更にひどくする原因となるため、シャンプーにかけた以上の時間をかけてすすぎを行いましょう。

普段使うシャンプーについては市販されているものならなんでもよいというわけではなく、石油系の強い洗浄成分が含まれている物を選ぶと、ただでさえ状態のよくない頭皮には更にダメージとなります。

おすすめなのが「ココイルグルタミン酸」などのアミノ酸系の洗浄成分が含まれたシャンプーや天然の成分が多く含まれたシャンプーで、髪や頭皮に刺激は少ないです。

>100人の女性の口コミから選ぶ!人気のアミノ酸系シャンプーのランキングはコチラ

・花粉症を抑えるために食べたいもの

さまざまな食材

そもそも花粉症は花粉が体内に侵入してきたことで「ヒスタミン」という物質が体内で発生して様々な症状が起こります。

このヒスタミンはアミノ酸の一種の「メチオニン」という物質で働きが抑えられることが分かっています。

塗る育毛剤や育毛サプリメントなどでメチオニンが含まれたものがあるため、このようなものを利用することで頭皮の炎症を抑える効果が期待できますが、メチオニンはほうれん草や人参、サンマなどにも多く含まれているのでぜひ食べるようにしたいです。

また花粉症を抑えるために食べたいものとしてヨーグルトはよく知られていますが、その他にも牡蠣や豚肉、緑黄色野菜などに多く含まれている「亜鉛」が体の中の有害物質を排出する働きがあります。

そもそも髪の毛は「ケラチン」というたんぱく質でできていて、亜鉛が不足するとケラチンが合成されなくなるだけでなく、白髪の原因ともなります。

亜鉛の一日の摂取量目安は2.1mg~15mgですが、食事で摂取することが難しい場合にはサプリメントも利用して積極的に摂取していきたいです。

ただしサプリメントに関しては効果を期待して必要以上に摂取することで頭痛や吐き気などの副作用の可能性もありますので、用法用量は守って利用しましょう。

・育毛剤を使うならこの成分に注目!

女性用の育毛剤

冒頭でも言いましたが、アレルギー症状だけで薄毛になってしまう人はほとんどいないでしょう。

ですが、薄毛になるさまざまな『習慣』を続けている人が、アレルギー反応による『きっかけ』により、薄毛へと進行してしまう可能性は残念ながら少なくありません。

その『習慣』とは、間違えたヘアケアや睡眠不足、ストレスなど多々ありますが、一度ここでしっかりと改善しておくべきです。

>>見直そう!薄毛の原因となる8つの習慣!の記事を読む

そして、今後薄毛にならないためにも、今の髪の毛を今以上に綺麗にするためにも、育毛剤を使用することはオススメです。

今の女性用育毛剤は、とても質の良い商品が増えてきています。副作用の心配はなく、自然のもので作られている優しい成分のものが多いです。

なので、あまり構え過ぎず手軽に使う事が出来ます。

花粉症で頭皮の痒みなどがある人にお勧めな成分は、「グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2Kという名前も同じ)」「塩酸ジフェンヒドラミン」「カンゾウエキス」などという成分です。

これらの成分は頭皮の炎症を抑える効果やフケの発生を防止する効果が期待できます。

また「ユーカリエキス」や「オウゴンエキス」は頭皮の雑菌を抑える作用がありますので、これらの成分が入ったものを選ぶとよいでしょう。


<併せて読みたい人気の関連記事>

女性専用の育毛剤の最新ランキング!口コミ人気ナンバーワンは?!

【注意!】貧血の女性は薄毛になりやすいってホント!?

カラーやパーマが原因で抜け毛が増える?炎症性脱毛症とは?

 

コメントを残す

サブコンテンツ

【2018年最新版】女性用育毛剤ランキング